Select Language:


【どこへ行っても活躍できる力を育もう!】受験だけでは終わらない予備校シェアハウス


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2017年01月25日(水)


受験勉強は何のためにするのか。
改めて考えてみたことはあるでしょうか?

 

志望校へ合格するため?
より良い大学へ進学するため?
 

では、どうしてその志望校を選んだのでしょう?
どうしてより良い大学へ進学したいのでしょう?
 

夢を実現させたいから、
条件の良い就職先を得たいから、
より良い未来を築いていきたいから、
 

色んな理由があるとは思いますが、全ては、より人生の選択肢を広げ、より豊かに幸せに生きていきたいからではないでしょうか。
 

それならば、人生の選択肢を広げられる勉強法、
より豊かに幸せに生きていける力をつけていくことが本質のはず。
 

どこへ行っても活躍できる力を育む受験勉強法、
試してみたくはないですか?
 

098be4606e4831ad6681bf1b6ed848a8_s
 

“自分で考える”力を育む予備校シェアハウス

 
住まい一体型予備校である、予備校シェアハウス。
 

ここでは“自分で考える”ことを何よりも大切にしています。
 

「この公式を暗記しましょう」ではなく、
「なぜこの公式が使われると思いますか?」と考えることが基本にあり、
 

「○○の説明は以上です。次は……」と、
一方的に授業が進められていくことがなく、
 

「○○の説明は以上です。では、今学んだことを説明してみてください」と、
自分がどこまで理解できてどこを理解できなかったのか、自覚していける環境があります。
 

与えられたものを暗記するのではなく、
自分で考え理解していくことで、
応用できる範囲をぐんと広げていく。
 

それが予備校シェアハウスのスタイルです。
 

たとえ何かを忘れてしまっても、(たとえば公式を忘れてしまっても、公式を導き出すことで解決するなど)考えることで答えを導き出していく力が身につくのです。
 

一見遠回りに見える近道

 
こうした考える習慣を身につけることは、一見遠回りに見えるかもしれません。
 

出題傾向の高い問題の解き方や公式や解答を徹底的に暗記し、
簡単に解けるテクニックを覚え、
短期間で一気に点数を上げていく。
 

そうした方法の方が、効率良く楽に目標を達成できるような気がします。
 

確かにその方法で難関大学へ合格し、志望校へ進学する人は大勢いるでしょう。
 

しかしそれは、暗記したものを忘れてしまえば、もうどうすることもできないということでもあります。
考えることで答えに近づこうとするチャンスが得られないのです。
 

ましてや答えのない問題に対しては、
どうしていいのか分からなくなってしまいます。
 

どうすれば大学生活を充実させられるのか?
どんな就職活動をすれば良いのか?
どんな働き方をすれば成果を出せるのか?
自分はどう生きることが幸せだと感じるのか?
自分にとっての成功とは何なのか?
 

進学してからは、
社会に出てからは、
答えのない問題がたくさんあります。
 

「これが正解」、「これを暗記すればOK」のない世界で自ら人生を切り開いていくには、自分で考える力が何よりも大切です。
 

一見遠回りに見える勉強法は、
実は目標を達成し、人生の選択肢を広げ、より豊かにより幸せに生きる道への近道となるのです。
 

予備校シェアハウスでの受験勉強は、
志望校への合格に留まらず、将来を見据えた力を育んでいくことができます。
 

受験勉強という機会を通して、
どこへいっても活躍できる力を育みたい!
どんな状況にも応用できる賢さを身につけたい!
そんな思いに応えられるのが予備校シェアハウスです。
 

どこへ行っても活躍できる力を育む受験勉強法、
はじめてみませんか?
 
 

予備校シェアハウスの詳細はこちらへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2013 Irodori-Factory, All Rights Reserved.