Select Langage:


【自分の運命を超えてみませんか?】受験勉強から流れを変えていく予備校シェアハウス


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2017年01月30日(月)


「自分はきっとこんな人生を歩むんじゃないかな。」

 

「こういう人生はありそう。でもこんな人生はないだろうな……。」
 

漠然とながらも自分の未来が見えているように感じ、
選択肢が限られているような気持ちになることはありませんか?
 

特に“受験”は視野が狭くなりやすい時期でもあります。
 

「自分の偏差値を考えると、この辺りの学校なら目指せるだろう」と選択肢を限定していくことで、未来の選択肢も限定されていくような気持ちになるからです。
 

しかし、今の自分から見える未来は、あくまで“今の自分”から想像できる人生の可能性の一つでしかありません。
 

受験勉強一つとっても、
 

志望校の選択肢を広げ、
進学後の生活をより充実させていく賢さを身につけ、
社会に出てからの選択肢を広げ、自ら道を切り開いていく力をつけていく、
そんな勉強法もあるのです。
 

受験勉強を通して、自分の運命を超えていく力をつけてみませんか?
 

TSU_IMG_2442_TP_V
 

偏差値から人間力まで高められる予備校シェアハウス

 
授業の間だけでなく、
生活の中からも賢さを身につけていくことのできる予備校。
 

それが住まい一体型予備校、【予備校シェアハウス】です。
 

勉強と生活習慣の両方を身につけながら、
テクニックではなく、本質から学び成長し、賢くなりたい人向けの予備校です。
 

学習法、授業の進め方、課題の取り組み方、生徒や講師との関わり方、
一日の時間の過ごし方、生活の在り方……、
 

全ての面において、
【自ら考え、課題を見つけ、問題を解決していく】力が問われていきます。
 

考える力をつけていくことは、
試験の応用問題に強くなるだけでなく、
生きていく上で出会うあらゆる問題に対しても、自らの力で乗り越え解決していく力となります。
 

受験勉強に留まらず、
将来役立つ賢さを身につけたい人には絶好の機会を得られることでしょう。
 

垣根を超えた学習法

 
予備校シェアハウスでは、従来の予備校のように教科ごとに授業が進められていくことがありません。
 

教科を限定せずに、関連性を意識しながら教科の垣根を超えて学ぶ学習法を取り入れています。
 

理科の授業から地理の話へ進み、
地理の話から学んだことを活かして世界経済の動向を考え、
世界の動きから今後の日本経済を予測し、
経済から社会問題、さらには数学の話となり、
一連の話の流れを俯瞰するために国語力を育み、
論理的思考と発想力を養いながら、
その日学んだことに関連する英字新聞を見ることで語学力を鍛え……。
 

教科の垣根を超えた学びは、
理解力、記憶力を高められるだけでなく、
一見独立してみえる物事の本質を掴む訓練となり、
世界を俯瞰して捉える力になります。
 

こうした学びがもたらすものは、成績の向上だけではありません。

 
社会に出てからは、
各業界の動きを正確に捉えられる力、
トラブルに強い機転の良さ、
需要を広げる発想力、
売上を伸ばす戦略的思考、
企画を通すプレゼン力、
その他、様々なシーンで役立つスキルとして活かされていくことでしょう。
 

予備校シェアハウスでの受験勉強は、
志望校への合格や偏差値を上げるだけでなく、
生涯使える賢さを育んでいくことができるのです。
 

「自分はこんな人生を歩むんじゃないかな……。」
 

未来が見えてしまったように感じるのなら、
 

予備校シェアハウスで運命を超える力、身につけてみませんか?
 
 

予備校シェアハウスの詳細はこちらへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C)2013 irodori-factory,All Rights Reserved.