Select Language:


シェアハウスのトラブル防止方法〜どうやってトラブルを未然に防ぐか〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2014年07月23日(水)


今日はどうすれば、シェアハウスで起こるトラブルを防止し、より多くの人々がシェアハウスライフを楽しめるのか考えていきましょう。
だいたいのトラブルは、未然に防ぐことのできるものばかりです。
シェアハウスのトラブル防止方法

トラブルが起こる背景

 

最近、テラスハウスの人気や若い方々からのニーズもあり、シェアハウスが一般の人々にも広く認知され、興味をもつ人々が増えてきました。また、そのようなニーズから賃貸物件をシェアハウス形式にして、貸し出すオーナーの方々も増えてきています。
ただ、数が増えてくると、どうしても粗悪な物件もあり、トラブルの事例が見られます。
では、トラブルを未然に防ぐにはどうすればよいのでしょうか。
 
実は、入居前が一番肝心なのです。
 

シェアハウス入居前に確認すること4つ

 
①どんな住人が住んでいるか
どんな人が住んでいるのか、可能なら入居前に会ってみましょう。
シェアハウスは、個室がありますが、同じ屋根の下に住んでいる人と交流することを目的とした場です。
会ってみると、どのように感じるのか、確認してみましょう。
 
②どのようなルールがあるか
どのようなルールがあるのか見せてもらいましょう。
共同生活をする上で、ルールは欠かせません。
ルールがあることで、お互いに節度を保った過ごしやすい生活をすることができます。
そのルールをあなたも守ることができるのか、見ておきましょう。
 
③管理されているか
ルールがあっても、それが守られていないと意味がありません。
ルールを守ることを促し、一定の規律を維持することが大切です。
それには、管理してくれるマネージャーのような方が必要です。
シェアハウスの管理人のような人がいるのか、聞いてみてください。
 
④賃貸契約の内容
シェアハウスといっても、ふつうの賃貸物件に住むときと変わりません。
賃貸契約は、大丈夫ですか?
もしかすると、小さく書かれたところに想定外のことがあるかもしれません。
契約書は、入念に確認しましょう。
 
それでも問題が起こってしまったら?
入居前に上記の点を確認しても、トラブルが起こってしまうこともあります。
その場合の対処法についてお話しします。
 

シェアハウス入居後のトラブル対処法2つ

 
②シェアハウスの住人会議に相談する
シェアハウスならではです。住人同士で解決するのがいいですよね。
言い方に気をつけながら、みんなで解決する方法を探しましょう。
 
②シェアハウスのマネージャー(管理会社)に相談する
入居前に確認していれば、シェアハウスにマネージャーがいることが分かるはずです。
そのマネージャーに相談して、トラブルの解決法を一緒に考えましょう。
事情をよく知る方に相談すれば、いい解決法に結びつくかもしれません。
 

まとめ

 
トラブルは一度起きてしまうと、解決するのは大変です。
いかに未然に防ぐか、が大切なカギになります。
今回紹介した入居前の確認事項4つを、確認することを忘れないようにしてください。
 
参考になった方は、いいね!ツイートなどをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2013 Irodori-Factory, All Rights Reserved.