Select Language:


【これだけは押さえておきたい】ペットフード選びと買い方のポイント


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2015年06月16日(火)


キャットフードやドッグフードを選ぶとき、あまりの種類の多さに驚いたことはないでしょうか?

 

初めてペットを飼う人は特に、どれを選んでいいのか分からず途方に暮れてしまいます。
 

ここでは、ペットフード選びの「これだけは押さえておきたい」買い方ポイントを紹介していきます。ペットの安全と健康のために、是非チェックしておきましょう。
 

シェアハウス向き2
 
 

人間でも食べられる?が基本

 
ペットフード選びの基本は、人間の食材選びと一緒です。
人間でも食べられる素材が使われているかどうかがチェックポイントです。
 

添加物は要チェック

 
着色料や保存料、酸化防止剤や防腐剤といった合成添加物は人間と同様、ペットにとっても体にダメージを与えるものです。
 

購入前は必ず原材料名を確認しておきましょう。
 

メーカーのホームページを確認すると、添加物の有無や詳細が詳しく記載されていることが多いので、気になるメーカーは事前に要チェックです。
 

ヒューマングレードの素材を選ぼう

 
ヒューマングレードとは、人間でも食べられる素材を使用しているという印です。
 

安いペットフードの中には、病死したりや病気に感染した家畜のお肉が使われていることがあるため、ヒューマングレードの確認は、ペットの安全と健康のためには欠かせないポイントなのです。
 

お肉や野菜が多い物を選ぼう

 
ペットフードの中には、原料のほとんどが穀類で作られているものがあります。
 
一見、特に問題はないように思われますが、実はペットにとっては体に負担がかかりすぎてしまう恐れがあるのです。
 

例えば猫の場合、穀物の多いペットフードでは十分な栄養が摂れず、病気にかかりやすくなってしまうことがあります。
さらに、穀物アレルギーを引き起こしやすくなるため、内臓器官にダメージを与えてしまう恐れもあるのです。
 

キャットフードを選ぶ場合は、特に穀物の少ないフードを選んであげることが大切です。
 

価格に見合う素材か確認しておこう

 
良い素材を使ったペットフードであればあるほど価格は高くなりやすいものです。

しかし、だからといって高ければ安心、安ければ危険、という分け方で選ぶのも危険です。
 

ペットフードによっては、安い素材を使用して高い値を付けているものも当然あります。
 

値段ではなく、中身を見て購入を判断しましょう。
メーカーのホームページや口コミ、ペット好き仲間との情報交換など、様々な角度から情報を集め検討することが大切です。
 

ペットシェアハウスなら食選びも安心

 
どんな素材を使ったペットフードを選ぶのかは、ペットの健康、引いては寿命に直結する、とても大切な問題です。
 

そんな不安な食選びも、ペット好きの集まるペットシェアハウスなら楽しみに変えることができます。
 

「これとっても良いよ!」
「あ!うちの子も喜んで食べているよ!ありがとう。」
 

そんな会話を広げながら、より美味しくて、より安全なご飯を、皆で選び、共有していくことができるのです。
 

不安を楽しいに変えることができるのも、ペットシェアハウスの見どころです。
 
 
 

シェア猫のいるペット歓迎シェアハウスの詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2013 Irodori-Factory, All Rights Reserved.