Select Language:


横浜市で外国人と国際交流する方法・イベント3つ


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2014年07月05日(土)


横浜市は外国人の方がたくさんいます。
あなたは、横浜が「開国の地」だということを知っていましたか?
 
〜横浜の歴史〜
幕末1853年「黒船」でペリー提督が日本に訪れてから事実上の開国である「日米和親条約」が結ばれました。
そのあと、横浜は開国港として選ばれ、貿易の拠点として発展していきました。
 
そんな横浜は、「異国情緒ある国際都市」というイメージを持たれることもあります。
そして、最近は、外国人もますます増えているので、外国人の方と国際交流できる機会もたくさんあります。

 

横浜国際交流シェアハウスイベント

 

横浜には、どれくらい外国人がいるの?

横浜には、平成26年5月末で76,432人の外国人の方がいます。
※横浜市政策局統計情報課調べ

外国人の人口は年々増えており、国籍も様々です。あなたが馴染みのない国の人もたくさんいるはずです。
例えば、コートジボワール・ドミニカ・アイスランド・マルタなどの方もいます。

そんなたくさんの国の人と会えるかもしれない方法やイベントを紹介します。
 

①公益財団法人が主催する国際交流イベントに参加する

横浜市には、公益財団法人 横浜市国際交流協会(YOKE) という団体があり、頻繁に様々なイベントが開催されています。例えば、JICAとの共同イベントや、国際フォーラム、語学教室、など。

※ホームページはこちら
http://www.yoke.or.jp/
 

②語学教室に行く

あなたの好きな国の語学教室があるか探してみて、行ってみてはどうですか?
日本人が教えている場合もありますが、だいたいは外国人の方が教えているはずです。
語学も習得できて、その国の人とも仲良くなれるので一石二鳥です。

 

③外国人と一緒のシェアハウスに住む

私たちの運営しているシェアハウスには、英語の勉強もできて、国際交流もできるシェアハウスがたくさんあります。
外国人の方と一緒に住めば、グッと仲良くなれますし、その方の国の文化を深く理解できます。最初はあまりの文化の違いにとまどうこともあるかもしれませんが、自分の視野や世界が広がるはずです。
 

横浜市内にあって、国際交流ができるシェアハウスには次のようなものがあります。
横浜プレイフル:デザイナーズ国際交流シェアハウス
横浜ベイビュー:屋上テラスイベントもやっている国際交流シェアハウス
横浜ベイガーデン:家庭菜園のできる国際交流シェアハウス
横浜ベイシティ:みなとみらいの国際交流シェアハウス

各シェアハウスでは、一緒に食事したり、イベント・パーティーなども開かれています。

 

最近は、テレビや身の周りでも外国人の方が増えていて、
グローバル化が来ていることを実感します。

 

参考になった方は、いいね!・ツイート・はてブなどをしていってくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2013 Irodori-Factory, All Rights Reserved.